賃貸経営ジャーナル

不動産投資から賃貸経営に関係する情報を発信するWEBメディア

【賃貸マンション向けの空室対策】埼玉県のヴィンテージ風のリノベーション事例を見学してきました!

【賃貸マンション向けの空室対策】埼玉県のヴィンテージ風のリノベーション事例を見学してきました!

今回は空室改善のリノベーション事業を展開している株式会社ココテラスが、埼玉県さいたま市北区の、賃貸マンション内の2つのお部屋のリノベーション現場を見学させて頂きました。
株式会社ココテラスの代表篠原氏に、今回のリノベーションのポイントを説明をして頂き、その内容を撮影してきましたので、是非ご覧ください。

賃貸マンションのリノベーション事例動画

1年以上空室が経過した賃貸マンションのリノベーション動画になります


※音が出ますので、視聴環境にはご注意ください。

株式会社ココテラス 代表取締役 篠原昌志

プロフィール
地元山口県の大学を卒業し、通信会社(現東証一部上場企業)に入社。
中小企業へ通信費のコスト削減型のソリューション営業を経験。
テレアポからの即断即決の新規営業により営業の基礎を学ぶ。
2009年2月(28歳)前職である空室対策に特化したリノベーション会社に入社。
リノベーション事業部に配属され、賃貸経営をしている家主様へ空室対策リノベーションの新規開拓営業を行う。入社2年目に1億円の個人売上をあげトップセールスとなる。
2010年11月(入社1年9カ月)取締役に就任。
2013年東京に転勤し、全国にリノベーションノウハウを提供するFC本部の責任者として全国各地の賃貸物件の空室改善を行う。
2016年12月退職し、2017年1月にココテラスを設立。

埼玉県埼玉県さいたま市北区賃貸マンションの落ち着いたスタイリッシュなお部屋

リノベーション工事の現場は、駅から徒歩5分ほどの築20年弱の賃貸マンションで、現在の空室率はマンション全体で5割ほどとのことなので、かなりの空室率となっています。
管理会社からは空室を埋めるには、家賃を下げるか」リノベーションしてお部屋の価値を上げる方法」を提案され「家賃を下げることはしたくない」という不動産オーナーの意向のもと、賃料を維持した上で、空室を埋めるためリノベーションを実施したそうです。

見学に行った当日は、リノベーションの工事から2日しか経過していないにも関わらず、既に仲介会社が物件をお客様にご案内に来ていました。

リビングのリノベーション

リノベーション後のリビング

元々和室を含む2LDKだったお部屋を、和室を洋室に変更し、リビングを特に大きくした1LDKの間取りに変更。
周辺の競合物件の中には、ここまでリビングが大きく開放感がある物件が無いことをリサーチした上で、この間取りに決めたとのこと。

リノベーション後の和室部分

リノベーション前のリビング

奥の和室を洋室に変更し、間仕切りを解体し、広い空間が生まれました。



押入からクローゼットに変更

お部屋の雰囲気に合わせて建具も変更。このクローゼットに使用している建具以外は、既存の建具を再利用し、工事費用を抑える工夫をしています。

和室の押入れ



キッチンのリノベーション

開放感があるキッチンに変更

リビングの開放感を出すために、キッチンの間仕切りを取り壊し、対面型のキッチンに変更。部屋の雰囲気に合わせた照明もオシャレ。女性が気に入りそうなキッチンです。

調理スペースも広く、料理好きの女性が気に入りそうなキッチンです。

リノベーション前のキッチン

独立洗面台のリノベーション

リノベーション後の独立洗面台

リノベーション前の独立洗面台

トイレのリノベーション

床や壁紙やトイレットペーパーホルダーを変更。トイレ自体は工事費を抑制するため、敢えて既存のトイレを利用しています。



リノベーション前のトイレ

玄関のリノベーション

リノベーション後の玄関

殺風景だった玄関にクロスを張り替え、明るくオシャレな雰囲気を醸し出していました。お部屋の扉を開けた瞬間に、お部屋への期待値がグッと上がっちゃう玄関になっています。

リノベーション前の玄関

ヴィンテージ風なリノベーションを実施したお部屋

同じ賃貸マンション内のヴィンテージ風に仕上げたお部屋になります。
ヴィンテージ風な床や、照明(ダウンライト)、天井のクロスなどこだわったリノベーションいなっています。ヴィンテージ家具やレトロな雰囲気が好きな方には魅力を感じて頂けるのではないでしょうか。

広々した空間に仕上がっています。ほんと広く感じました。

築年年数が経過するごとに、味が出てきそうなヴィンテージ風のフローリング。時間が経過するごとに価値が上がりそうです。

天井の色や照明がまたオシャレで、落ち着いた雰囲気を出してます

窓には二重サッシを設置しており、騒音対策もばっちりです!



まとめ

今回のリノベーションは、単純にお部屋を綺麗にするのではなく、部屋ごとにテーマを決め、具体的にどんな人に、お部屋のどの点に魅力を感じてほしいのかが良く分かる考えられたリノベーションでした。リノベーションの費用としては、約250万円程度とのこと。250万円でこれだけお部屋が変われば、費用対効果は高いのではないかと思いました。

個人的にはヴィンテージ風なリノベーションのお部屋がが凄い良く、住みたいなと思ってしまうくらい良かったです。

取材協力会社:株式会社ココテラス

関連記事

広尾の賃貸マンションのリノベーション事例

不動産投資のリノベーションは目的を明確にすべし!リノベーション会社を決める時は値段で判断すると危険かも

リノベーション会社に個別で連絡する時間が無い方向けサービス

Townlifeの一括見積リフォームサービスを使うと、無料で厳格な国家基準をクリアした全国300社以上のリフォーム会社の中から、あなたの条件に合ったリフォーム会社を複数紹介してもらえます。
情報の登録は3分程度完了するので、一度に多くのリフォーム会社に、見積もりの依頼をする必要もありません。

動産投資用物件であったとしても、問題無く利用できますので、リフォーム、リノベーションを検討されている大家さんは、是非見積もりだけでもとってみてはいかがでしょうか。

リフォーム会社一括見積に興味がある方はコチラから

【動画】渋谷区広尾のリノベーション事例



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

1年以上空室が続いたお部屋のリノベーション事例



Return Top