賃貸経営ジャーナル

不動産投資から賃貸経営に関係する情報を発信するWEBメディア

空室改善できる家賃の決め方とは?スーモ(SUUMO)の「賃料・相場チェッカー」がお薦め!

空室改善できる家賃の決め方とは?スーモ(SUUMO)の「賃料・相場チェッカー」がお薦め!

不動産投資において、家賃相場は非常に重要な指標になります。

不動産投資用物件の購入する際の、収支シュミレーションに使ったり、空室の改善対策として賃料の見直しをする際など、正確で適正な家賃相場を把握することは必須です。

多くの不動産投資家の方は、不動産業者任せに賃料を設定していませんでしたでしょうか?
今回は、不動産業者じゃなく、一般の方でも簡単に賃料相場を把握することができる「スーモ(SUUMO)」が提供している「賃料・相場チェッカー」をご紹介したいと思います。



スーモ(SUUMO)の賃貸経営サポートとは?

相場チェッカー

スーモ(SUUMO)はリクルート住まいカンパニーが運営する国内最大手の不動産ポータルサイトです。
全国の賃貸情報からマンション・一戸建て・土地などの不動産売買・物件購入情報はもちろん、注文住宅、リフォーム、設備情報に至るまで日本全国の不動産・住宅に関する総合情報サイトです。

その多くの不動産情報を扱っているスーモ(SUUMO)が、空室を一刻も早く改善したい賃貸オーナー向けに、空室対策・空室改善をサポートする一環として「賃料・相場チェッカー」というサービスを提供しています。

簡単に言うと、SUUMOのデータを活用して気になるエリアの家賃相場や、周辺物件の設備状況を簡単に把握できるサービスです。利用料は無料で、誰でも利用することができます。

賃料・相場チェッカーの特徴とは?

特徴①  正確な家賃相場を把握することができる

不動産投資物件を購入しようとしている、あるいは物件を保有している地域の「該当物件数」や「家賃」、「敷金・礼金」などの実際の相場を確認することができるので、何となくこれ位の賃料で募集する、適当な数字を使った収支シュミレーションをするという事が無くなります。

特徴② 設備状況に人気度を確認する

不動産投資において、定期的なリフォームやリノベーションは物件の競争力を維持する上では、非常に重要です。しかしやみくもに設備を付けたり、付けなかったりするのはもったいないです。
データに基づいた人気の設備、空室が改善されるであろう設備を、導入することができます。
リフォーム、リノベーションしたけど、空室が改善されない可能性を、低くすることはできます。

スーモ(SUUMO)の賃貸経営サポートの「賃料・相場チェッカー」の使い方とは?

使い方は凄い簡単です。まずはTOPページから会員登録をしてください。
会員登録完了後、相場チェッカートップページの検索ボックスに調べたい地域の住所または駅名を入力して検索してください。 地域や駅名を入れると、自動的に候補地が出てきます。

検索結果が一覧で表示されたら、検索結果一覧ページの左側の「「周辺物件の類似条件絞り込み」を使って気になる物件を表示します。また検索結果一覧ページの上部にある「賃料相場」「設備相場」で表示を切り替えて家賃相場や設備状況を確認することもできます。

どの付帯設備が、どれ位の数の物件で設置されているのかが一目で分かりますので、ご自身が保有する不動産投資物件では、「どの設備が足りていないのか?」を簡単に把握することができます。また物件のタイプ(シングル向け、カップル向け、ファミリー向け)に応じて付帯されている設備が変わっており、こちらも非常に便利だと思いました。

スーモ(SUUMO)の賃貸経営サポートの「賃料・相場チェッカー」まとめ

実際に使ってみて、スーモ(SUUMO)が保有しているビックデータを基に算出されているデータの為、不動産会社から提示される賃料相場よりも信頼できる情報だと思います。

ご自身の不動産投資を成功させるには、適正な賃料相場を知ることが非常に重要になりますので、是非「賃料・相場チェッカー」を使ってみてはいかがでしょうか。

賃料・相場チェッカー

【動画】渋谷区広尾のリノベーション事例



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

1年以上空室が続いたお部屋のリノベーション事例



Return Top