賃貸経営ジャーナル

不動産投資から賃貸経営に関係する情報を発信するWEBメディア

大家さんに朗報です!築30年以上の空室物件を借り上げてくれる「カリアゲ」に注目!

大家さんに朗報です!築30年以上の空室物件を借り上げてくれる「カリアゲ」に注目!

今回紹介したい大家さん向けのサービスは、「カリアゲ」というサービスです。
築30年以上の空き物件のアパート、マンションをオーナー負担ゼロで再生し、転貸するサービスです。

現在東京都内の空き家住戸は、81万戸以上。

特に築30年以上の賃貸物件は、賃料は猛烈に下がり続けており、空室率が非常に高くなっています。リノベーションなどの大規模な空室対策、賃料を大幅に下げることを行わない限り
めったに空室が埋まることはありません。

そんな中「カリアゲ」では

「改修費用がない」

「入居者募集や管理が面倒」

と空室のままになっている築古物件を運営会社のルーヴィスが借り受け、改修した後、一定期間転貸運営(=サブリース)するサービスなので、築30年以上の賃貸物件を保有の大家さんには非常に朗報だと思います。
さらに木造アパート、マンション、戸建て、長屋、ビル、店舗、倉庫あらゆる建物に対応しくれるとのこと。住居用だけじゃないとこが嬉しいですね。

但し物件には条件があり、

「築30年以上で1年以上空室・空き家の築古物件限定」
運営会社のルーヴィスでは築古ならではの強みを生かしてサブリースする様なのでどんな物件でも良いというわけではなさそうです。

築古ならではの懐かしい佇まいの物件が見直されています。新築では出せない味わいを生かして改修した住戸やカフェ、店舗などは、多くの人から愛され、高い人気を誇っています。
ルーヴィスは、数々の築古物件を改修してきた実績を元に、「古くて貸しづらい物件」を「新築では作り出せない、価値ある物件」へと再生します。
引用元:http://www.kariage.tokyo/#about

契約期間は?

基本的には空室、対応を6年間保証してくれるようで、7年名以降のサブリース契約の継続も可能とのこと。
但し7年目以降は賃料の75%は大家さんに支払われるみたいなので、長期間利用した方がお得感がありますね。


でもこんなに大家にメリットがある話ってホントかな?

正直ちょっと不安ですよね。何か落とし穴があるような気もしなくはないです。
一度取材に行って話を聞きに行きたいなぁと思います。 是非お話をお聞かせ願います~★

【動画】渋谷区広尾のリノベーション事例



LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

1年以上空室が続いたお部屋のリノベーション事例



Return Top