賃貸経営ジャーナル

不動産投資から賃貸経営に関係する情報を発信するWEBメディア

戸建賃貸の家賃保証サブリースをハイアスカンパニーが開始

戸建賃貸の家賃保証サブリースをハイアスカンパニーが開始

2016年4月5日に東証マザーズに上場予定のハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:濵村聖一)は、全国展開する戸建て賃貸住宅ブランド「ウィルスタイル」事業において、所定賃料で10年間一括借り上げとする家賃保証付きサブリースを始める。
またサブリース契約による10年間の家賃保証がある場合は、サブリース事業者と提携する金融機関から有利な条件で事業資金の調達が可能になるとのこと。
戸建の賃貸ニーズは相応にあるので、今後も戸建賃貸物件の増加に期待したい。

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都港区 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、全国展開する高品質戸建賃貸ブランド「ウィルスタイル」事業において、「ウィルスタイル」を提供する全国のパートナー企業で構成する「ウィルスタイルクラブ」の受注促進策として、「ユニキューブ」を建築する地主・投資家に対する一定期間家賃保証付サブリースを新たに提供開始いたします。
今回提供を開始するサービスでは、「ウィルスタイルクラブ」のパートナー企業を通じて戸建賃貸住宅・ユニキューブシリーズをお建ていただくお施主様に対して、家賃保証付サブリース(所定賃料で10年間の一括借り上げ)契約の提供をご案内するとともに、当該サブリース契約による10年間の家賃保証がある場合は、サブリース事業者と提携する金融機関から有利な条件で事業資金の調達が可能になります。

賃貸住宅市場において、戸建タイプの賃貸住宅は、需要に比べて流通量が少ないことから、アパート・マンションといった集合住宅タイプに比べ、比較的高い家賃設定が可能であり、その希少性から空室リスクも少ないと考えられています。

しかし、賃貸住宅経営は投資であり、市場環境の変化による空室発生や家賃下落といったリスクを想定しないわけにはいかず、そうした将来不安から投資に慎重になる地主様もいらっしゃいました。これまでも、アパート・マンションといった比較的大規模な投資に対する一括借り上げ家賃保証システムはありましたが、戸建賃貸住宅の建設事業を全国展開するネットワークが、施主に一括借り上げ家賃保証を提供することは、業界でも珍しい試みとなります。

マイナス金利や株価動向も先行き不透明な投資環境のもと、今回の業務提携により10年間の一定家賃収入が保証され、有利な事業資金の調達が可能になることは、地主にとっても投資を決める判断材料として好条件となるのではないかと考えています。

今後も、ハイアス・アンド・カンパニーでは全国の各地域において「短期間で投資回収して建て直す」といったスクラップアンドビルドを前提とした節税目的だけではない、地主にも住まい手にも喜ばれる高品質・高耐久な戸建賃貸住宅ブランドとして「ウィルスタイルネットワーク」の活動を推進してまいります。

【高品質戸建賃貸ブランド「ウィルスタイル」事業】
ハイアス・アンド・カンパニーは、11年前より戸建賃貸事業を展開してまいりました。戸建賃貸住宅商品「ユニキューブ」に代表される「ウィルスタイル」ブランドでは、高性能な断熱材(セルロースファイバー)を用いた「デコスドライ工法」を全棟標準採用することにより、壁体内の結露を防ぎ、柱や梁の腐食を食止め、高い耐久力を保証(壁体内無結露20年保証)しています。これは投資商品として収益を上げ続ける上で最も大切な耐久性を担保するものであり、その評価が、これまで全国でのべ2,500棟を超える物件供給の実現にもつながっていると自負しております。
出典:プレスリリース

 

 

 

 

【動画】渋谷区広尾のリノベーション事例



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

1年以上空室が続いたお部屋のリノベーション事例



Return Top