賃貸経営ジャーナル

不動産投資から賃貸経営に関係する情報を発信するWEBメディア

全国の空き家対策の救世主!?「LIFULL HOME’S空き家バンク」設立

全国の空き家対策の救世主!?「LIFULL HOME’S空き家バンク」設立

地方で空き家が増加しており、以前から地方自治体がそれぞれ空家バンク制度を導入しているが、正直使い勝手が最悪だった。
欲しい情報が載っていなかったり、写真自体がほとんど掲載されておらず、どの様な物件なのか分かりづらい印象を持っていました。またそもそも空家情報が少なすぎる印象も持っていました。


株式会社LIFULL(ライフル)が国交省モデル事業「LIFULL HOME’S空き家バンク」サービスを開始

そんな中、2017年7月19日に不動産ポータルサイト「LIFULL HOME’S」を運営する、株式会社LIFULL(ライフル)が国交省モデル事業「LIFULL HOME’S空き家バンク」サービスを開始したというリリースを見て、今後空家対策が少しでも解決されるのでは無いかと思い、ご紹介いたします。

現在の空き家バンクは?

「空き家バンク」とは、空き家の賃貸・売却を希望する人から申込みを受けた情報を、空き家の利用を希望する人に紹介する制度です。市町村が運営する市町村空き家バンクは、民間の不動産会社とは違い、地域への定住を狙いとしている制度。

今までの空き家バンクの問題点とは?

簡単に説明すると、使い勝手が悪く、空き家を探すことが難しくなっているということです。

以下プレスリリース内容 http://lifull.com/news/10069/

現在、各地方自治体が個別に運営している空き家・空き地バンクでは、利用者が横断的な情報収集や比較をすることが難しい現状が課題とされています。



LIFULL HOME’S空き家バンクの展望とは?

全国にある空家情報が一元化されていないため、空き家を探している方からすると、非常に空き家を探すことが困難でした。今後は全国の自治体に「LIFULL HOME’S空き家バンク」への参加を呼びかけ、全国の空き家情報を一元化して、探せるプラットフォームを目指すとのこと。またその空き家情報を基に、クラウドファンディングは民泊サービスを活用することにより、全国の空き家問題を解決していく予定とのこと。今後の進捗に是非期待したいと思います。

以下プレスリリース内容  http://lifull.com/news/10069/

弊社はモデル事業の実施事業者として、この度提携した一般社団法人全国空き家バンク推進機構と協働し、国土交通省とも連携し、全国の地方自治体に対して「LIFULL HOME’S空き家バンク」への参加を呼びかけていきます。そして、全国に点在する空き家や空き地の情報を一元化するプラットフォーム「LIFULL HOME’S空き家バンク」の構築により、有休不動産の利活用を促進します。さらには、弊社グループで準備を進めている、不動産特化型クラウドファンディングプラットフォームや民泊マッチングサービスとの連携により、社会課題の解決と不動産市場の活性化に貢献してまいります。

【動画】渋谷区広尾のリノベーション事例



LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

1年以上空室が続いたお部屋のリノベーション事例



Return Top