賃貸経営ジャーナル

不動産投資から賃貸経営に関係する情報を発信するWEBメディア

VR内見とは?VRを活用した物件を擬似内見できるシステム

VR内見とは?VRを活用した物件を擬似内見できるシステム

VR内見とはナーブ株式会社 ( NURVE,Inc. )が提供するVR(ヴァーチャルリアリティ)技術を活用して、物件を擬似内見できるシステムです。不動産売買、賃貸仲介、賃貸管理会社で利用でき、誰でも簡単に使えるシステムを活用し、実際に物件へ出向かなくても内見ができるようになり、多くのメリットが生まれるサービスです。

また不動産会社自身の差別化に繋がり集客面、成約率が向上する事例が出ているそうです。


VR内見の活用シーンとは?

来店されたお客様にVR端末の「クルール」を通じて、事前に作成していた映像をご覧いただくことにより、時期に応じたお部屋の雰囲気を伝えることが可能になります。
初期費用は無料で月額18,000円か利用できるみたいなので、初期導入のハードルは低そうです。賃貸物件に限らず、新築・中古マンションや商業ビル、オフィス物件でも利用可能とのこと。

会社名:ナーブ株式会社 ( NURVE,Inc. )
住所:東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル 465区
事業培養:VRコンテンツをプラットフォームの提供


【動画】渋谷区広尾のリノベーション事例



LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

1年以上空室が続いたお部屋のリノベーション事例



Return Top